狭い部屋にもおすすめ

リビングでは様々な家具が使われていますが、特にソファーはゆっくりとくつろぐのには欠かすことができない存在です。様々なタイプがありますが、最近は、低めのローソファーの人気も高まっています。ローソファーにも様々なタイプがありますが、折り畳みのできるタイプであれば、ベッドとしても活用できるのがメリットです。狭い部屋では、ソファーとベッドを両方置くことは難しくなりますが、昼間はソファー、夜はベッドとして使えるので部屋も広く使えますし、ベッドを購入する費用を省くこともできます。広い部屋の場合であれば、ベッドとして使うことは少なくなりますが、それでも来客があった際には来客用のベッドとしても活用できますので、購入する際はベッドにも使えるタイプであるかどうかをチェックしておきましょう。

高さがない分圧迫感がなくなる

ソファーは足つきで高さのあるものもありますが、ローソファーは低い位置に設置しますので、同じサイズでも圧迫感がなく部屋もより広く見えるのもメリットです。日本人は床や畳に座って生活をしてきた習慣もありますので、むしろ座椅子に近い感覚で使えるローソファーのほうが落ち着くという意見も少なくありません。子供やペットが座る場合も転落のリスクが少ないのもメリットといえるでしょう。日本では冬はコタツを使うことも多くなっていますが、コタツとも合わせやすいのもローソファーの良いところです。洋室だけではなく、和室との相性が良いこともローソファーの特徴です。ベッドとして使えることはもちろん、高さのあるソファーにはない多くの利点があります。

高さによってはこたつでソファーを使用することができますが、足が圧迫されない程度の余裕はあった方が良いです。